愛犬がずっと健康でハッピー

子供の頃から、ずっとワンコがいる生活だったので、もうワンコのいない暮らしなんて想像できないくらいです。

歴代の犬種は、

ダルメシアン・秋田犬・雑種・紀州犬・柴犬・雑種・シベリアンハスキー・コーギー・ ミニチュアダックス・トイプードル

という感じです。同時に2匹いるときもあるので、賑やかなことこの上ないんですよね。あ、アメショーがいたときもあったし、そのときは3頭飼いですね。

大型犬は屋外に小屋を建ててたんですけど、室内にいるときもあったので、基本畳だとボロボロになるということで、全室フローリングにしてました。

ただ、滑りやすいのはワンコの腰痛の原因になるということなので、滑り止め加工をしてましたけどね。

ミニチュアダックスフンド|ヘルニア予防のためのフローリング施工

特に胴の長いワンコは腰痛になりやすいので、注意が必要です。

うちの近所のダックスくんも、後ろ足が動かなくなって、荷台を改造した車椅子を使うようになってしまいましたし。

前足だけで器用に散歩している姿は、すごく可愛いんですけど、やっぱり飼い主さんとしては後悔してるんじゃないかなって思います。

最初からヘルニアになることを想定しておけば、こういう事態にはならなかったかもしれないし。

幸い、うちのダックスくんは元気ではしりまわっていますので、やっぱりフローリングのすべり止め加工をしておいてよかったなと思うのです。

ヘルニアがひどくなると、排泄も上手にできなくなるって聞きますし、それはやっぱり見ていてつらいですからね。

これから先も、ワンコとの生活は一生続いていくと思うんですけど、大型犬はもちろん、中型犬の散歩もしんどくなっていくでしょうから、これからは小型犬だけになりそうです。

ティーカッププードルくらいのワンコなら、おばあちゃんになっても一緒にいれるんですけどね。

やっぱりそのときはワンコよりニャンコなのかなぁ。